新宮観光協会

旧チャップマン邸 きゅうちゃっぷまんてい

旧チャップマン邸は、「文化学院」の創始者である新宮市名誉市民・西村伊作の設計により、アメリカの宣教師チャップマンの居宅と違い、家庭生活を重視した居間式住宅を建築し、現在の住宅様式の普及に大きく貢献するなど優れた建築家でした。 彼が手がけた住宅で残っているものは、和歌山県内では国重要文化財・旧西村家住宅と旧チャップマン邸しかなく、希少価値の高い建築物です。 昭和時代には増改築が行われ、同じく市名誉市民の芥川賞作家・中上健次も執筆活動を行った旅館「有萬」として使用されました。
URL https://www.city.shingu.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=44770(旧チャップマン邸)
住所 和歌山県新宮市新宮7677-2
電話番号 0735-23-2311
営業時間 観覧:9:00~17:00 貸館:9:00~21:00
定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場 駐車場2台
料金 貸館使用料(1部屋につき) 9:00~13:00まで 1,010円 13:00~17:00まで 1,010円 17:00~21:00まで 1,520円 ※要予約
トイレ あり