新宮観光協会

ガイドの案内で新宮の歴史文化をより詳しく

新宮市は、紀伊半島の南東部に位置し、熊野地方の文化・経済発展の中核都市。市の9割を占める森と県境を流れる熊野川、そして熊野灘など豊かな自然に囲まれ、古くからの自然崇拝に根ざす『熊野信仰』が受け継がれてきました。こうしたこの地方固有の信仰心の現れである由緒ある神社。そして徐福が上陸した伝承の地。紀州徳川家家老水野家の城跡。近代日本史に登場する大逆事件の舞台と著名な文化人輩出地。そしてとても不思議な国の天然記念物。これらの詳しい解説と現地の案内を観光ガイドが5つのテーマで案内いたします。
※日本での新型コロナウイルスにおける症例報告より、ガイドお申込み全てのお客様に必要書類のご記入及び検温のご協力をお願いいたします。
感染症法に基づき、万一、お客様の体温が37.5℃以上の場合、ご予約のご依頼をお断りする場合があります。

モデルコース

新宮の世界遺産
市内 2社巡り

熊野速玉大社は熊野三山の一つで、古来から新宮十二社大権現として崇敬を集めてきました。全国熊野神社3000余社の総本宮で、日本第一大霊験所です。また、神倉神社は熊野の神々が最初に降り立った霊地とされ、ゴトビキ岩をご神体としています。538段の急峻な石段の先に社があり、2月6日の『御燈祭り』は熊野に春を告げる勇壮な男の火まつりです。

所要約1.5-2時間。立ち寄り先:熊野速玉大社、神倉神社

市内 2社巡り+高野坂

世界遺産登録されている熊野速玉大社、神倉神社に加え、熊野速玉大社から熊野那智大社へ巡拝する人たちが通った中辺路ルートの一部・唯一海が見える高野坂を回るコース。

所要約4.5-5時間。立ち寄り先:熊野速玉大社、神倉神社、高野坂

世界遺産ん3社巡り

昭和の懐かしい雰囲気を残すレトロな街を散歩しながら、熊野速玉大社をはじめ神倉神社や2016年に世界遺産追加された阿須賀神社

所要約3-4時間。立ち寄り先:熊野速玉大社、神倉神社、阿須賀神社

世界遺産3社巡り+高野坂 (全行程徒歩)

新宮市内世界遺産3社と熊野古道中辺路【高野坂】を巡るコース

所要約6時間ほど。立ち寄り先:熊野速玉大社、神倉神社、阿須賀神社、高野坂

高野坂と三輪崎散策

熊野古道中辺路 【高野坂】と、新宮市三輪崎にあるジオサイトに認定されている孔島・鈴島を巡るコース。

所要約3時間。立ち寄り先:高野坂、孔島・鈴島、三輪崎八幡神社

新宮城跡

平成29年【続日本100名城】に認定された新宮城跡。北に熊野川、東に太平洋、南西に新宮市街が一望できます。

所要約1時間30分。立ち寄り先:新宮(丹鶴)城跡

熊野曼荼羅絵解き

新宮・那智・本宮・熊野歓心10界をわかりやすく絵解き(説明)します。

絵解き時間の目安:1枚→15分、2枚→40分、4枚→1時間

熊野古道 中辺路 大雲取越

熊野那智大社から熊野本宮大社を巡拝した古の人たちが通った山道。熊野古道・中辺路の最難所といわれるルートを半日かけて

熊野古道 中辺路 小雲鳥越

小雲取越と大雲取越の中継点・小口からスタートし、熊野本宮大社に近い請川を目指す登山ルート。杉と檜が混生する森の中を歩きます。

ご予約・お問い合わせ
新宮市観光協会  TEL:0735-22-2840/FAX:0735-22-2842