新宮観光協会

旧西村家住宅(西村記念館) きゅうにしむらけじゅうたく(にしむらきねんかん)

重要文化財 大正・昭和モダンを象徴する建築

文化学院の創設者であり、大正・昭和期に日本人の生活スタイル改善を目指した西村伊作が設計した自宅。大正3年(1914)に竣工した邸宅に与謝野晶子など多くの文化人が集うサロンとなっていたそうです。建物は記念館として公開され、油絵や陶器など伊作の作品が多く展示されています。現在、文化財の保存修理工事を施工中で休館しています。

建物外観(庭側)

食堂

居間

URL http://www.geocities.jp/nishimurakinenkan/(西村記念館を守り伝える会)
住所 和歌山県新宮市新宮7657
電話番号 0735-22-6570
備考 ※現在、保存修理のため休館中
交通アクセス JR新宮駅から徒歩5分